手作り酵素ジュースダイエットの注意点

2009年6月15日 13:49 | コメント(0) | トラックバック(0)

手作り酵素ジュースダイエットを続けていく上で注意しておくことがいくつかあります。
間違った方法や材料を使ってしまうことで望んでいるようなダイエット効果や健康効果を得られなくなってしまうこともあるので、正しく作るようにしましょう。
まず、どのダイエットにも言えることですが、ダイエットをしていることに安心してしまって食事の量の管理を忘れてしまう人がいます。
ダイエット効果のある手作り酵素ジュースですが、食べ過ぎてしまっては何にもなりませんので少し抑え目にするようにしましょう。
また、手作り酵素ジュースダイエットを行っているときは酵素を壊してしまう喫煙はしないことが大切です。愛煙家にはちょっとつらいでしょうが我慢しましょう。
また、同じように酵素を壊してしまう油や白砂糖はジュースの材料に入れないようにし、食事でも摂りすぎないように気をつけましょう。
同じ甘さでも体内の善玉菌が喜ぶのはオリゴ糖ですので、オリゴ糖を選んで使うのも良いでしょう。
そして、手作り酵素ジュースダイエットで水を使うときにはミネラルウォーターが良いと言われています。
この時使う水は洗う水とジュースを薄める水のことを言います。
さらに手作り酵素ジュースダイエットで使われる食材でアク抜きが必要なものがあります。
アクには体に良いものと悪いものがあり、良いものは漢方薬などで使われているみかんの皮やブドウの皮などに含まれています。
悪いものは結石の原因となるホウレンソウなどに含まれているアクで、ジュースにする前にアク抜きをしておくことが必要です。

 

 ベンダーの資格  海外留学
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

手作り酵素ジュースダイエットとは
手作り酵素ジュースダイエットでは消化がスムーズに行われ、宿便をなるべく少なくすることによって悪玉菌の影響を受けない健康的な身体を作ることを目的としています。
手作り酵素ジュースダイエットに使われる食材
手作り酵素ジュースダイエットでは酵素をジュースにするので、飲みやすい食材を選ぶと良いでしょう。キウイ・パイナップル・マンゴー・パパイヤ・リンゴ・プルーンなどのフルーツやキャベツ・ブロッコリー・トマト・モロヘイヤ・オクラ・キュウリなどの野菜もジュースにして酵素を摂ります。
手作り酵素ジュースダイエットの酵素とは
酵素が不足してしまうと腸内に分解できなかった食べ物が残ってしまい、これが宿便となって腸内に留まってしまいます。
手作り酵素ジュースダイエットの進め方
飲み方や一日の食事の摂り方にもコツがありますので、それを守っていけばよりダイエット効果とともに健康効果が得られることでしょう。
手作り酵素ジュースダイエットの注意点
間違った方法や材料を使ってしまうことで望んでいるようなダイエット効果や健康効果を得られなくなってしまうこともあるので、正しく作るようにしましょう。
手作り酵素ジュースを作ってダイエット
体型から自分がどんな体質かを知り、自分の体質改善に役立つ野菜や果物を選択して自分に合った手作り酵素ジュースでダイエットをします。
食生活と手作り酵素ジュースダイエット
手作り酵素ジュースダイエットはダイエットを謳っていますが、日頃不足した酵素を口から補うことで健康な体質を保とうとするものです。
肥満体質の手作り酵素ジュースダイエット
最近話題になっているグレープフルーツダイエットやトマトダイエットなどは脂肪分を分解する能力や脂肪の吸収を阻害する効果を期待して取り入れられています。
かた太りの人の手作り酵素ジュースダイエット
かた太りの人に向いている手作り酵素ジュースではバナナなどの満腹感が得られるフルーツを使って過食を防ぐことも目指しています。
下半身太りのための手作り酵素ジュースダイエット
むくみを起こす人は血液の状態も良くないことが分かっていますから、血液をサラサラにする効果のある酵素を補えるような手作り酵素ジュースを飲むようにすると、むくみが解消され血液が脂肪も流してくれてダイエット効果も期待できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/36

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する