手作り酵素ジュースダイエットの進め方

2009年6月15日 13:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

手作り酵素ジュースダイエットは、ただ作った酵素ジュースを飲んでいれば良いと言うわけではありません。
飲み方や一日の食事の摂り方にもコツがありますので、それを守っていけばよりダイエット効果とともに健康効果が得られることでしょう。
手作り酵素ジュースダイエットは、朝と夜に酵素ジュースを飲むことが基本です。
しかし、酵素をたくさん補充したいと思っている人は毎食手作り酵素ジュースを飲むのが良いでしょう。
朝飲んだ手作り酵素ジュースは脳の働きを活性化するのに役立つので、フルーツを使ったものが最適です。
また、手作り酵素ジュースを作る時は皮も一緒にジュースにすることが大切です。
いつも捨てている皮の部分にも酵素がたくさん含まれているのでこれも利用して手作り酵素ジュースダイエットを続けていきましょう。
皮はしっかり洗って農薬を落とすようにしましょう。
さらに、フルーツの種で取り除けるものはなるべく取り去るようにして消化の邪魔にならないようにするようにしましょう。
小さくて取り除けないものについては気にしなくても大丈夫です。
もう一つ、手作り酵素ジュースダイエットは朝晩飲みながら毎日続けることが大切なので、飽きが来ないような工夫が必要です。
手作り酵素ジュースに飽きてしまった人はヨーグルトやお酢などを加えるなどして味を変えてみましょう。
ヨーグルトには酵素がたくさん含まれているので手作り酵素ジュースに加える食材としては問題ありませんし、お酢も消化を助ける効果がありますので手作り酵素ジュースダイエットの重要なアイテムになります。

 

 お得な航空券  公共の宿
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

手作り酵素ジュースダイエットとは
手作り酵素ジュースダイエットでは消化がスムーズに行われ、宿便をなるべく少なくすることによって悪玉菌の影響を受けない健康的な身体を作ることを目的としています。
手作り酵素ジュースダイエットに使われる食材
手作り酵素ジュースダイエットでは酵素をジュースにするので、飲みやすい食材を選ぶと良いでしょう。キウイ・パイナップル・マンゴー・パパイヤ・リンゴ・プルーンなどのフルーツやキャベツ・ブロッコリー・トマト・モロヘイヤ・オクラ・キュウリなどの野菜もジュースにして酵素を摂ります。
手作り酵素ジュースダイエットの酵素とは
酵素が不足してしまうと腸内に分解できなかった食べ物が残ってしまい、これが宿便となって腸内に留まってしまいます。
手作り酵素ジュースダイエットの進め方
飲み方や一日の食事の摂り方にもコツがありますので、それを守っていけばよりダイエット効果とともに健康効果が得られることでしょう。
手作り酵素ジュースダイエットの注意点
間違った方法や材料を使ってしまうことで望んでいるようなダイエット効果や健康効果を得られなくなってしまうこともあるので、正しく作るようにしましょう。
手作り酵素ジュースを作ってダイエット
体型から自分がどんな体質かを知り、自分の体質改善に役立つ野菜や果物を選択して自分に合った手作り酵素ジュースでダイエットをします。
食生活と手作り酵素ジュースダイエット
手作り酵素ジュースダイエットはダイエットを謳っていますが、日頃不足した酵素を口から補うことで健康な体質を保とうとするものです。
肥満体質の手作り酵素ジュースダイエット
最近話題になっているグレープフルーツダイエットやトマトダイエットなどは脂肪分を分解する能力や脂肪の吸収を阻害する効果を期待して取り入れられています。
かた太りの人の手作り酵素ジュースダイエット
かた太りの人に向いている手作り酵素ジュースではバナナなどの満腹感が得られるフルーツを使って過食を防ぐことも目指しています。
下半身太りのための手作り酵素ジュースダイエット
むくみを起こす人は血液の状態も良くないことが分かっていますから、血液をサラサラにする効果のある酵素を補えるような手作り酵素ジュースを飲むようにすると、むくみが解消され血液が脂肪も流してくれてダイエット効果も期待できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/37

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する